上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校生の頃から「イラストロジック」というものをやっていて
塗り塗りしながらつれづれと思っていたことがある。


これって、クロスステッチ向きなんじゃね?


というわけで、解きながらステッチしていくというのはさすがに無理なので
ページ末にのっている

2011-11-13 01.43.53 

「解答」を拡大コピーして挑戦してみることにする。

家族や友人からの「そんなの作ってどうするの?」という
冷たい疑問にも負けず、
チクチクチクチクと寝る間も惜しんで数日、




2011-11-13 01.44.27 

ここまでできました!




でもね、何か違うの。。。
私が本来求めてるものって、本当にこれだったの???

大きいイラロジをチクチクすれば、リアルな感じに仕上がるかと思ったけど
所詮はピクセルの世界。

カメラで引いて撮影してるからこんな風に見えるけれども
近くで見たらやっぱりギザギザ感は否めない。。。


もっと上級者向けのステッチが無いものかどうか調べていたら
とうとう、運命のステッチに出会ってしまった!!!






HAEDクロスステッチ





「ハードなステッチ?」
なんて思ったが、スペルが違うね(滝汗

ヘブン アンド アース デザインズ

という会社が販売してるステッチのことです。
略してHAED。


コンセプトは「刺繍で絵を描く」(と思われる)


海外サイトのため、図案を手に入れるのに苦労しました。
えぇ、何せ英語が大の苦手です。
HAEDを何の疑問もなくハードと読んでしまう程度です。

欲しいもののためなら、苦手なものでも克服できちゃうんです。
何とか解読(?)して、図案のPDFダウンロードに成功!
(そこにたどり着くまでに3日かかった)

その中であたしが作りたいと思ってダウンロードした図案がこちら

haed1.jpg 

1ミリ四方のマスにひたすら×をステッチしていきます。
HAEDを手がけてる人達のブログを読んでいると
完成に平均で2年かかってるようです。

早い人でも半年はかかるようです。


刺繍布には2種類ありまして

目のつまった「アイーダ」
haed2.jpg 

目のつまってない「リネン」
haed3.jpg 


HAEDは「全面刺繍」というものなので、下の「リネン」を使うらしいのですが
1日中、市内の思いつく限りの手芸店を見てまわったところ
どうも、これぐらい目のつまったリネンが無い。。。
もっと大きい穴のリネンならあったのですがね。

1ミリ四方の穴があいてるリネンで作ってさえしても、
45×60ぐらいの大きさになるという大作。
目が大きくなるとさらに大きな刺繍絵になってしまう。。。

1ミリ四方のアイーダなら結構あったので
自分の視力を信じて、アイーダで挑戦することにした。


話はいつのまにかそれてしまったが、
あの図案の中で私が手がけてるのは

ここらへん
haed4.jpg 

の中でも、
さらに

ここらへん
haed5.jpg 



2011-11-13 02.43.51 


ここまで仕上げるのに1週間かかりました。。。
こりゃ本当に2年コースだわ。。。

細かすぎて、微妙な色合いがこれだけの出来じゃわからない(汗
もっと仕上がってきたらわかると思う。
実際のブツはこの写真よりももっと色あいがはっきりしてて
そろそろ影の部分から抜け出せそうなのがわかる感じになっております。
8月の13日~15日まで小旅行に行ってたわけですが
(詳細はツィッターでつぶやき済み)
みなさん、いかがお過ごしですか?

さて。
何度か記事にしたことはあるのですが
私におこる、もはや都市伝説としてもいいぐらいの法則を覚えてらっしゃるでしょうか?












楽しみにしてることがあると予定がはいってしまう   です。












その予定のほとんどが「仕事」なんですけど
オプションで「急用」というものもつきます。

楽しみのほぼ8割をしめてるゲームでは
まぁだいたい、発売日や集会予定日にどっかり仕事が入り
ブームが去りだしたころにやっと手がつけられる始末。

予定が終わっても、手をつけられる頃には自分の中のブームが去ってる場合もアリw

急用系でいけば
去年だかおととしだかにjamとアダムと深夜にまったり計画も
カンコのファッションチェックが入り遅刻から始まり
救急車騒動で早退という結果に。

そして今回、出発日前日から「仕事」系の予定がはいりそうだったが
頑なに「で・き・ま・せ・ん!」と拒否し
いざ出発したら「急用」系がきてしまった。


おうちでお留守番してた父から連絡が入り、













「ばーちゃんが倒れた。意識不明」













とのこと。。。



実は数日前から、ばーちゃん、体のあちこちが動いたり動かなかったりしていた。
家までお医者様に来てもらい、簡単な診察の結果
「一過性の脳梗塞ではないか?」とのこと。
なので、一時的に体が動かなくなるけど、時間が経過すれば動くようになっていたとのこと。
それより気になることがあって
血が足りなさすぎるのだそうだ。

「できればお盆の前に輸血を」

といわれたのだが、
それを言われたのが10日。
紹介状を書いてくれるというので、お願いしたのだが
「家族の方と相談してからにしてください」
と帰らされ、12日に紹介状を書いてもらうことになった。

その12日に紹介状を書いてもらうために病院へ行けば
「午後から書くから」と言われ
午後に再度行けば「夜書くから明日にして」と言われ
明日ったって、あたしゃ旅行でいないわよ、、、と父に託すことに。

てか、それじゃ輸血できる病院にいけるの、お盆明けってことになりますよね?
「お盆前に」って言ったの、あなたですよね?先生


ばーちゃんは毎週土曜日にデイサービスを利用して、お風呂にいれてもらってるのだが
そのデイサービス滞在中にどうやら意識がなくなって
車椅子から崩れ落ちたそうな。

血圧をはかろうにも、脈がふれない状態
ヨダレをたらし、ぐったりしている

介護士さんたち大パニック!?
実はその日の朝、ばーちゃんは今までにないぐらい元気だった。
お盆ということで親戚の出入りもあり
「やっぱり家でぼーっとしてるより、こうして人と触れ合ってた方がいいんだね~」
なんて笑ってデイサービスに送り出しただけに
迎えにきた介護士さんも
「まぁ!今日はとっても元気ですね!」
と言っていただけに
急に崩れ落ちたのは相当ショックだったらしい。

そのデイサービスのすぐ隣に病院があるのだが
輸血しなくてはいけない状況だということを出発前に話してあったので
機転をきかせて、輸血予定の病院に救急搬送してくれたらしい。

デイサービスから救急搬送されたので
最初に連絡を受けた父も状況が「意識不明」ということしかわからない。
そんな中で「今病院に向ってるから!」
と、レラに着いて早々、電話がきた。

もう、レラで買い物どころではない。
せっかく子ども達が楽しみにしていた旅行だけに
私とカンコだけでも!と帰る準備を始めたのだが
ばーちゃんの実の息子である叔父さんの判断により
ホテルで待機することに。

父から連絡が来るかもしれないので
「温泉も交替ではいるか?」
などと相談しているうちに
やっと父から連絡が。

とりあえず、命に別状は無いとのこと。
急に倒れる原因として、やはり脳梗塞が疑われたが
CT検査の結果、それではなかった。
詳しい検査はまた後日じゃないとできないが
今のところ判断できる材料としては「貧血」
緊急に輸血が必要な状況なぐらい血が足りてなかったようだ。

だって、あの最初に診てくれた医者が
12日に来てとか、午後から来てとか、明日来てとか言うんだもん
ぼそっ


輸血も第一弾が終了して、ばーちゃんの顔色も良くなったとのことだし
食欲も出て、たくさん食べて、一度にたくさん食べすぎて吐いたってぐらい元気らしいし
翌日レラリベンジ!

最終日もホテルをチェックアウトした後も
子ども達がプールで遊びたいということで
叔父さんに子ども達をたくし
あたしとカンコはロビーでぐったり。

とにかくばーちゃんの顔が見たかったので
プール終了後はまっすぐ帰宅
実質、1日しか遊べなかった旅行となりました。

が、ばーちゃんが生きてて何より。うんうん。


最初にレラにいる時に連絡がきたときなんか
カンコは「今朝のばーちゃんのあの笑顔が最期だったんなんてぇぇぇぇ」
と、勝手に殺してしまったw
叔父さんも子ども達に
「一旦ホテルで待機するけど、すぐ帰ることになるかもしれないからな」
と、やはり近日中がヤマという流れにw

あたしはそんな心配してなかったのか?と問われれば
実は、その連絡をうけてもあんまり動揺はしなかった。
「輸血が必要って言われてたんだから、それが原因じゃ?」
とノンキに構えていたら
「だって、脳梗塞かもしれないでしょ!?」
「今朝、今までにないぐらい元気だったのがばーちゃんの最後の気遣いだったんだよ!」
などとたしなめられる始末。。。

自分のこの究極のプラス思考もいいのだか、悪いのだか(滝汗


お盆明けに父さんがデイサービスに行った。
土曜日は大変ご心配おかけしました、と。
そして介護士さんたちが
「その後どうなりましたかっっ」
という心配に対して




「・・・・ダメでした」




























シャレになってませんが何か?



























介護士さんたち、その場で腰をぬかし
「あの時の私の処置がいけなかったんだ!」
「いや、私の判断がいけなかったのよ!」
と、号泣しだしたそうな。

慌てて「いやいや、ただの貧血でしたよ!」
と訂正するも
冗談にもホドがあるのに、、、、とほほ

そんな父さん、おちゃめというより空気読めません。
そのDNAを受け継ぎ私も空気読めません。
いや、読みませんw

長々と乱文失礼いたしました
しまった。しばらく更新してないから広告が出てしまった。

あ、どうも、お久しぶりです あつんです


ソニーで個人情報漏洩問題が発覚してから
(厳密にいうと発覚数日前から)
オンラインゲームというものができなくなってたようです。

実はわたくし、新年会以来、オンラインゲームとは遠ざかっていたので
気づいておりませんでした。

しかし、ソニーでセキュリティーを強化したとのことで
オンライン再開の日が!

この数ヶ月、ハンター生活をしなくとも平気でしたが
できなくなってたものができると聞いたらむしょーに発熱



よっしゃぁぁぁぁあ
とうとう再開の日がきたぁぁぁぁあっぁあ!



と思いましたが
翌日、
親子料理教室を控えていたため、自粛


いいな~ いつも狩りに連れてってくれるおかポンは
今頃、ざっくざく狩ってんだろうな~

なんて思いながら、料理教室へ。

実はそこに、とある人物が ふふふ
その名も「にこにこ」
ハンター仲間、郵便太郎さんの妻であるw

ソニーの問題のことをカクカクシカジカ説明し
「ということで、旦那様貸してもらいたいのだが」
と嘆願したところ、即OK

さっすがー
ハンターの妻の鏡♪

ということで、郵便太郎さんゲット!

**********

うんとね、新年会で私と郵便太郎さんが持ってたゲーム機は
PSP
というの。
その中に入ってたソフトは皆さんご存知の「モンハン」

すぐ近くでプレイする場合は、PSPのみでできるけど
日本・・・いや世界中のハンターと一緒にゲームしたいとなると
PS3
というゲーム機も必要になるの。
PS3の「アドホックパーティ」というものを介してみんなとつながるの。

そのPS3を郵便太郎さんは残念ながら持っていないのね。
ので、わざわざ我が家に出向いてもらえないと、みんなとプレイできない仕組みなのよ。

**********

ということを、jamに話すと大ウケ^^;
「あつんと郵便太郎さんが一緒に遊ぶなんて考えられないWWW」

そりゃぁねぇ^^;
いいトシした大人が「遊ぶ」となると語弊が生じるが
ハンターとして協力プレイするだけの話ですw

カンコも、ハンター姉とハンター弟をもつ身でありながら
狩りに関しては全くわかってないので
郵便太郎さんが我が家に来ることにとまどいを感じたのか

「お父さんに紹介した方がいいんじゃないの?」

なんて言い出す始末。
紹介って、何の紹介だよ(爆)

「こちら、ハンターの郵便太郎さんです」
かい? ぶっ

父さんに「こういう人が来るから」という報告はしてなかったが
何か空気を感じたようで
「誰か来るのか?」と差し入れを持ってくる。

「来るけど、男の人だから、そういうのいらないわー」
と断ると
「お・・・ 男の人が来るのか?」
と、これまた戸惑いを隠せない様子www

まるで、娘が初めて彼氏を連れてきた時のような感じです。


もー みんな何想像しちゃってんのよー
私達は純粋に狩りに出たいんだってばー


しかし、私と郵便太郎さんの間に、弟亮も交えて3人で狩りしてる姿をみて
家族の誤解は解けました。

ので、郵便太郎さん、気にせずいつでも狩りに来てねw
にこにこにも、多大なるご理解、まことに感謝申し上げます。。。




そんな中、ミクシー内でハンター達が集うコミュニティというものを作ってみた。
そのコミュの中で、次回の待ち合わせや、狩りの報告などをしていたため
こっちのブログは放置状態だが
コミュの方が私のブログ状態に^^;;;;
コミュを立ち上げた管理人として、日々書き込みに精進しております。



さぁ! ハンターになりたくなったでしょ?w
ただいま、女性ハンター募集中です♪
「そば食うか?」と聞かれれば

「食う」と言い



「ドンキー行くか?」と聞かれれば

「行く」と言い



「ビクトリア行くか?」と聞かれれば

「行く」と言い



「ケーキ食べるか?」と聞かれれば

「食べる」と言い



「つぼ八行くか?」と聞かれれば

「行く」と言い



そうして帰ってきて「おなか痛い」と言えば

「こっちなんか、吐きそう」と言う






どこで食中毒になったのでしょうか?






いいえ






食べ過ぎです。

困ったな。

2011/04/10

うちの斜め向かいの家はちょっとした問題家族だ。
以前にもこの家のことを書きかけて
後日詳しく・・・なんてふっておいて
結局はバカらしくて書くのをやめたことがあった。

ここで、ああだこうだ書いたところで
本人に言わないといつまでたっても解決しないから。

でも、その本人に言うのも。。。
近所づきあいでトラブルになりたくない、とかではなく
言ったところで通じないような相手だからだ。

でもなんか、さすがに今日はカチンときた。
ので、モヤモヤする気持ちをここで吐き出させてもらいたい。

うちの近所は少子化なんてどこの問題?っていうぐらい
子供が多い場所だ。
あたしの家の隣は空き地ということもあり
いろんなところから子供たちがわいて出てくる。

そんな大勢の中に、その問題家の子供たちもいた。
そこに、その問題家の母親が出てきた。

そして数人を名指しで呼び出した。
その中には、うちの子たちも入っていた。

「うちの子があんたたちにイジメられたって言ってんだけど」

イジメって。。。
ただのケンカだと思いますが。。。

あたしは家のことがあったので
その母親が出てきたところまでは見ていたのだが、
友達同士のケンカに親が入ってどうすんのよ・・・という感じでしか受け取っておらず
その後のことは子供たちから聞いた話だが。

大泣きしながら帰ってきた我が子たち。
100%うちの子たちは悪くないなんていう親バカでもないので
「何があったのさ~」ぐらいの程度でなぐさめてあげたのだが
どうも、なんだかしっくりこない。

これってうちの子、悪くないよね?
という感覚じゃなく
なんと表現すればいいんだろう。。。


どうやらこの人、この近所中の子をこうやって呼び出しているらしい。
で、
「もううちの子と遊ばせないから!」
と言うらしい。

しかし、その家の子たちはまだ小学校に入ったばかりのちいさい子。
ケンカなんか忘れて、翌日また、みんなで仲良く遊んでいると
その親が出てきて

「なんでうちの子と遊んでるんだ! 遊ばせないって言っただろ!」

と怒鳴ってくるらしい。
ので、場所を変えて遊んでると、やっぱりその子たち、来るんですよ。
で、やっぱり仲直りして遊べば
「遊ぶなって言っただろ!」
となって、解散。
すると「イジメるな!」
の、エンドレス。

仕方がないので、子供たちがその親に謝罪したらしんですよ。
だって、仲良く遊びたいから。

したっけ、
「謝って済む問題じゃねーんだよ!」

じゃぁ、どうしろと?
何をしてほしいのかさっぱりわからない。

一方的に怒鳴られて、全員解散。
外に出れば、あんたの気にくわない子供たちがたくさんいるのはわかるだろ?
あんたの子供を家から出すなよ。まったく。
それとも何かい?
近所中の子たちに「おまえら家から出るな!」とでも言いたいわけ?

てか、家でおとなしくしてりゃしてたで
ピンポーンってやってくるのは、あんたんとこの子なんだよ。
自分の子に「どこどこの家にはいくな」ぐらい言っといてくれよ。



もう、なんていうか。
この家のおかげで
冬、この町内だけ除雪してもらえないし。
(路上駐車)
この家のおかげで、車で出かけて帰宅すれば
駐車場の大掃除をしなくては自分の車も停められないし。
(そこんちのガレージのおもちゃをうちの駐車場にひろげられる)
((そもそも、ガレージに入りきらないほどのおもちゃを詰め込んでるから
路上駐車せざるを得ない状況になってる。))
この家を筆頭に、ゴミ出しルールを守ってくれないから
我が家にゴミステーションが設置されてしまうことになったし。
(我が家とは言い過ぎだが、そんなようなもんだ)
その親も、機嫌のいい時はうちにピンポーンときて
断る理由もないので家にあげるのだが
何を話すわけでもなく、沈黙の数時間をすごし帰っていく。
何しに来てんだよ、いつも。
屋根の雪おろしや雪はねも一切やらないので
見かねた近所の人が総出でやってあげてるし
雨が降っても洗濯物をとりこまないので
これまた見かねた近所の人がとりこんであげてるし。
旦那の帰宅した合図なのか、単なるしめだしなのかわからんが
旦那はドアがあくまで扉に頭うちつけてるし。(さすがに毎日ではないが)
人の目が気にならないのか、外でも自分の子を怒鳴りつけてるのを多々目撃してるのだが
「てめー! 常識でものごと言えよ!」って、
小さい子に言うあなたは常識人なんですか?
そうやって口では大声で怒鳴りちらしてるけど
子供の方を見ず、携帯いじりながらですよね?
伝わるんですか、その気持ち。。。

なんか、この家の子たちが心配だ。
mixi
モンハン
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。